県議会議員は、選挙で選ばれた県民の皆様の代表です。議会で、県の条例や予算など県政の重要な事柄を決めていきます。
 県議会は地方自治法に基づき設置されています。郡市別の13選挙区から選出された県議会議員47名は、本会議のほか、各委員会で、予算、条例などの審議・議決を行います。
 私は、今治市・越智郡(上島町)地域の6人の県会議員の一人として選ばれました。

 県議会は、県民の皆さまの代表である県議会議員が、県のお金の使い方である予算や県の決まりである条例など、より住みやすい街づくりのために県の施策にわたって議論を行う機関です。知事や県庁職員が属している執行機関に対し、県議会は議決機関といいます。そして、県議会は年4回(概ね2、6、9、12月)、定期的に開かれる定例会と、必要のあるときに開かれる臨時会があります。
 本会議では、県議が議案や県政について質問を行い、知事や関係者が答えます。
 この議事の運営を司るのが議長です。私は平成27年度に議長をつとめさせていただき、その前年には副議長に就任しています。

 県議会の主な仕事は、予算や重要な契約や財産などの取得・処分、条例の制定や改廃の決定したり、決算を認定する「議決」、県民の福祉や利益になることについて、国などに意見書を送る「意見書の提出」、議長、副議長などを選ぶ「選挙」、副知事や教育委員などを知事が任命する場合の「同意 」、県民の請願や陳情の「受理」、県の仕事が正しく行われているかの「調査・検査」などが、議会の大きな仕事です。
 また、議会が開かれていないときでも、県議会議員は委員会を開催するなどの活動や、地域の皆さまの意見を伺ったり、実情調査などを行っています。

 県議会の際には、定例会・臨時会以外に委員会が開かれています。
 委員会は、議員が専門分野に分かれ、法案などを詳しく話し合い、県政が正しく活動しているかをチェックします。
 委員会には「常任委員会」「特別委員会」「議会運営委員会」の3つがあります。
 愛媛県の「常任委員会」は、総務企画委員会、環境保健福祉委員会、農林水産委員会、経済企業委員会、建設委員会、観光スポーツ文教警察委員会の6つの委員会が設置されており、本会議から付託された議案、請願などについて審査します。

「特別委員会」は、特定の重要な事件を審査する必要があるときに設置される会で、地方創生・産業振興対策特別委員会、防災減災・エネルギー対策特別委員会、少子高齢化・人口減少対策特別委員会、えひめデジタル社会創造特別委員会、決算特別委員会、県議会議員定数等調査特別委員会があります。

「議会運営委員会」は、議会の円滑な運営を行うために設置されます。

本宮勇事務所 〒794-1527
愛媛県今治市長沢甲1045番地6
TEL 0898-47-1396 FAX 0898-47-1693