8年の市議生活、20年という県議会議員の生活で培った経験と行動力、実績をもとに、ふるさとのさらなるパワーアップを図ります。日本を取り巻く環境の変化に着目し、「ふるさとのよさを伝えます」「ふるさとの暮らしを快適にします」「ふるさとの未来を育みます」という3つのテーマを柱に、政策を提示させていただきました。ふるさとの魅力を掘り下げるとともに、眠っている地域の宝を探して、ふるさとの発展につなげていきたいと考えています。
ふるさとのよさを伝えます」は、 私たちの住んでいる今治・上島地域の歴史や文化、自然、食べものなど、様々な魅力や個性に着目し、それらを全国に発信していくとともに、ふるさとの資源を活用して、誇りの持てる素敵なふるさとに変えていきます。
ふるさとの暮らしを快適にします」は、少子化、高齢化の波を受け、高齢化社会の中で、安心できるふるさとづくりを考えていきます。ふるさとの暮らしを快適にするために、様々なアイデアを結集しなければなりません。医療機関の充実、女性が活躍できる社会づくり、お年寄りが安心して暮らしてゆけるシステムの整備、これからの社会を牽引する子供たちへの手厚い対応など、ふるさとに住みたいと考える地域にしてまいります。
ふるさとの未来を育みます」は、新しい時代に対応し、時代の発展に取り残されない自治体づくりが欠かせません。AIを始めとする革新技術の導入や人材づくりなどを進めていきます。また、ふるさとにある企業や産業に支援し、中小企業の支援や観光業への着目、一次産業の革新など、未来に対応できる基盤づくりを進めて行きます。また、クリーンエネルギーなど環境に優しい取り組みを行ってまいります。

 私たちの住んでいる今治・上島地域は、歴史や文化、自然、食べものなど、とても豊かで個性的な地域です。そして、これらは、未来に繋がるとても大きな宝でもあります。こうしたふるさとの資源を活用して、誇りの持てる素敵なふるさとに変えていくことが必要です。
●しまなみ海道の資源を活かします
◇サイクリングを活用する◇食べものを活用する◇民泊を活用する◇民俗や祭りを活用する
●造船や海運などの海事産業が集積した世界有数「海事都市・今治」をアピールしましょう。
◇次世代の人材を育成する◇「海事都市・今治」の歴史を検証する◇産業・学術機関・行政共同の新技術の開発◇高齢化に対応する技術継承
●ふるさと産品を全国に伝える
◇今治ブランドの開発◇新しい産品の開発と支援◇新規ビジネスへの支援と教育◇交流の機会を創出◇産・学・行の協力による開発◇6次産業の勉強と支援
●ふるさとの魅力を伝える
◇ふるさと出身者によるネットワーク活用◇高名なふるさと出身者との協力◇地域を紹介する新しいメディア創出◇さまざまな地域資源の掘り起こしと活用

 少子化、高齢化の波を受け、これからは高齢化社会の中で安心できるふるさとづくりを考えねばなりません。お年寄りや弱者のための医療機関充実とともに、これからの社会を牽引する子供たちが、ふるさとに住みたいと考える地域にしなければならないのです。
●お年寄りや弱者に優しいふるさとへ
◇医療機関の充実◇緊急医療体制の拡充◇健康寿命を延ばす取り組み◇ガン検診や健康診断を受けやすくします◇お年寄りの生きがい支援◇弱者のための相談窓口や生活支援
●子供・女性が活躍できるふるさとへ
◇子育て支援のために、地域が一体となって支えます◇子供医療無料化の推進◇若者・女性の起業を支援します◇社会に貢献できる人材の育成◇いじめをなくする学校全体の取り組みとサポート体制の構築◇ひとり親家庭や貧困家庭の子供に対する学習支援◇学校における男女共同参画社会の構築
●安心・安全なふるさとづくり
◇地震・津波・土砂災害などの対策を強化します◇専門家の力を借りて今後の災害対策に反映◇行政の危機管理体制の強化◇自主防災の実践的な組織づくり◇犯罪の起きにくい安全で安心なまづくり◇交通事故防止に向けた住民活動◇振り込め詐欺、悪質な訪問販売の撲滅

 新しい時代に対応し、時代の発展に取り残されない自治体の基盤づくりを考えるとともに、ふるさとにある企業や産業の発展を支援するとともに、起業や事業継承を支援します。また、クリーンエネルギーなど環境に優しい取り組みを行います。
●県民の希望に応える行政をめざす
◇行政改革の推進◇AI、テレワーク、デジタルマーケティングなどの手法を取り入れた効率の良い行政事務の確立◇適材適所の人材配置と縦割り組織から横串し組織への転換◇県と市町との連携の拡大・深化
●ふるさとに根ざした県内経済の発展
◇産業集積地である今治・上島地区の特性をしかした戦略的な産業展開支援◇ものづくり技術を活用した企業誘致◇地元企業の設備投資促進◇産・学・官による商品開発産◇農業・漁業の新品種や新技術の導入◇農業クラウドによる情報通信技術化や6次産業化◇起業・創業・継承の支援
●環境に優しいふるさとづくり
◇学校における環境教育の充実◇地球環境に優しい公共交通や自転車利用拡大の推進◇太陽光・バイオマス・風力・潮力発電などのエネルギー普及◇小水力発電の活用